Wine Australia のデジタル マーケットプレイスが世界とオーストラリア ワインをつなぐ

Smartsheet は Wine Australia による動的なオンライン プラットフォームの構築をサポートし、物理的に国境を越えられなくても、オーストラリアのワイン醸造会社が国際貿易で成功できる道を切り開きました。

業界

  • 政府機関

組織/団体規模

  • 中規模企業 (200 人~ 1,999 人)

地域

  • アジア太平洋 (APAC)

使用事例

  • マーケティング ローンチとキャンペーン
  • マーケティング オペレーション
  • レポートの作成と送信

Smartsheet は当社のマーケットプレイスを動かしてくれるエンジンです。 おかげで当社は、世界的なワイン コミュニティを一つにしてくれる真に動的なプラットフォームを獲得できました。

Drea Hall、グローバル マーケティング マネージャー (ブランド)

世界的に有名な美しいブドウ園に受賞歴のあるワインの数々。それらを求めてオーストラリアには世界からワイン バイヤーが訪れていました。 しかし COVID-19 がもたらしたパンデミックにより国境が閉じられたことで、オーストラリアのワイン関係者は、突如、海外の見本市に参加できなくなりました。 また、関税の引き上げにより中国市場にも事実上アクセスできなくなったこともあり、Wine Australia は自国の醸造会社が世界的なワイン シーンとつながり続ける道を見つけざるを得なくなりました。

「2021 年に予定されていた当社のイベントもすべてキャンセルになり、私たちは、ワイン輸出業を支えられるような、またこの業界が海外との貿易を続けられるようなソリューションを求めていました」と、Wine Australia のグローバル マーケティング オペレーション マネージャーの Brooke Beales 氏は語ります。 25 年以上の経験を持つ優れたシニアリーダーである Beales 氏は、プロセス、システム、レポーティングを連携・最適化させて、グローバル チームがマーケティング キャンペーンを遂行して戦略的目標を達成できるようサポートするなど、オーストラリアのワイン部門を支援するうえで重要な役割を果たしています。

Beales 氏はグローバル ブランド マーケティング マネージャーの Drea Hall 氏と共に仕事をしています。 二人は共に、世界中に広がる 23 人のマーケティング担当者から成る機能混合チームで仕事をし、オーストラリアの 65 のワイン生産地域に対する支援や、貿易ライフサイクルの管理を実施しています。  「ワインにとって重要なのは、色、香り、味わいです。 そこにはブドウ栽培者とワイン醸造者のストーリーが詰まっています」と Hall 氏は話します。 海外に出向くという選択肢がなくなったことを受け、チームは、オーストラリアの革新的な醸造会社が今後もワイン業界とつながりを持ち、国際ビジネスに従事できるよう、マーケットプレイス プラットフォームの立ち上げに着手しました。

発展を続ける市場に適したコスト効率の高いソリューション

Beales 氏は現在の職務に就いて 7 年にして初めて、Wine Australia のイベント管理プロセスの標準化の過程で、Smartsheet の存在を知りました。 Wine Australia には、複数のグローバル サーバー、さまざまなレベルの社内専門スタッフ、150 以上のイベントを管理する国際的なカレンダーが存在していたため、Beales 氏は、共同作業と情報共有の質を改善できる、コスト効率の高いプラットフォームを探していました。 最初はプロジェクト管理ツールとして Smartsheet を使用していましたが、Smartsheet の使いやすさや、Smartsheet の機能がチームと共に進化していく点を高く評価するようになりました。「当社の組織としての成長に合わせて、Smartsheet も成長してくれるのです」

こうして Wine Australia は、国際的なオペレーション ニーズおよびマーケティング ニーズを幅広くサポートできるシステムを獲得しました。 現在では、数百万ドル規模の複雑なキャンペーンからリソースの割り当てや予算編成まで、Smartsheet のダッシュボードで目標を直接伝え、チーム メンバーにクイック リンクを提供することができます。 「Smartsheet はオペレーションの中枢を担う存在です。 ものごとをシンプルかつ簡単に保つことができるため、データも収集しやすくなります」と Hall 氏は述べています。

バーチャル プラットフォームで簡単につながる

Wine Australiaは イベントを運営し、さらに世界中からオーストラリア ワインにアクセスできるだけの強力な検索ツールを構築し、そこでは出展者が簡単にそのプロファイルを管理できるようになることを目指していましたが、そうした目的をすべて解決できる単一の技術ソリューションは存在しないことがすぐに明らかになりました。 利用可能なソリューションを総合的に評価し、関係者にもしっかりと意見を聞き、そのうえで Wine Australia は自社のビジョンの概要を記した提案依頼書に着手しました。 そうして独自のバーチャル プラットフォームを開発するためにパートナーとなるエージェンシーを決め、Smartsheet と提携した結果、CONNECT が誕生しました。

Australian Wine Connect は、24 時間常時接続のバーチャル ショーケースで、世界中のワイン コミュニティがオーストラリアの心躍るようなワイン シーンを体験し、吟味できる場になっています。 この双方向形式のプラットフォームは、オーストラリア ワインを求める人にとっての頼れるリソースになっています。

Hall 氏は Smartsheet を初めて利用したとき、その体験に衝撃を受けました。「Smartsheet は当社のマーケットプレイスを動かすエンジンです。 おかげで当社は、世界的なワイン コミュニティを一つにしてくれる真に動的なプラットフォームを獲得できました」

Beales 氏と Hall 氏が直面した最大の課題の一つは、どのようにすれば物理的な体験をデジタル体験に置き換えられるかということでした。 バイヤーの視点からすれば、その国を訪れることも、見本市に参加することもなく、銘柄を選ぶことは難しいはずです。

「当社チームの最大の KPI は、良好な取引に寄与した年間の件数です」と Hall 氏は言います。 現在では、バイヤーは、見本市の会場を歩き回る代わりに、シンプルですぐに結果の出る検索機能を使って、ワインに求める具体的な要件でフィルタリングを行うことができます。 また、CONNRECT システムに独自の備考を入力することもできます。

Dynamic View で誰もが時間を節約

ワインの発見プロセスをより効率的なものにするため、Beales 氏は最近 Dynamic View を導入しました。これにより、共同作業の簡素化、文脈に沿ったガイダンス、機密情報に対する条件ベースのアクセス制御が可能になりました。 「当社のワイナリーでは、以前から Smartsheet を活用してイベント用の詳細情報をアップロードしていました」と Beales 氏は述べています。 しかし Dynamic View を導入したことで、現在では、出展者はダッシュボードやフォームを使ってワイナリーの情報をアップロードしたり管理したりできるようになりました。 Smartsheet は見本市の前からその管理業務を担ってくれるため、ワイナリーはビジネスの方に集中することができます。

ワイナリーが自らのデータを入力できるようになり、Wine Australia では作業時間を大幅に短縮することができました。 「CONNECT システムにはすでに大量のデータが入っているため、今では入力作業ではなく確認作業を行うだけで済みます」と Beales 氏は指摘します。

つながる未来が作る、優れた体験提供

Wine Australia では、2022 年には何らかの形で海外渡航やライブ イベントが戻ってくることを切に願っていますが、それでも CONNECT プラットフォームの規模を縮小するつもりはありません。 「当社のチームは、すべての道は CONNECT に通ずをスローガンにしています」と Hall 氏は言います。 「このプラットフォームには 300 を超えるワイナリーと 3,000 超のワインが参加しています。当社は、CONNECT を体験提供の中核として、長期にわたる関係を深めていきたいと願っています」

Beales 氏と Hall 氏は Smartsheet によって実現できる未来に胸を躍らせています。 「当社は機能強化のロードマップを持ち、このプラットフォームを継続的に改善していくつもりです」と Beales 氏は言います。 Hall 氏も、当社のチームは分析プロセスの改善を常に積極的に進めており、現在も KPI のレポーティングや新たな自動化ツールの導入に向けて Smartsheet のグラフを活用する計画があると述べています。 「Smartsheet は間違いなく、当社の仕事の進め方に大きな影響を与えています。 バックグラウンドでは強化されていることが常にあります」

Smartsheet を活用することで、ワイナリーによる製品の海外イベントへの出荷作業を一元化できるなど、物流の効率化も実現できました。 通関手続きに必要な複雑で時間のかかる書類作業は、以前は、そのワインを海外発送するワイン醸造会社が行っていました。 今では Wine Australia が配送を国内の港一か所に集約し、Smartsheet を活用して船積みに関するすべての情報も、原産地証明書関連の重要なデータも記録しています。

オーストラリア国立監査局からは最近、励みになる情報が発表されました。Beales 氏は、このマーケティング チームの成功を Smartsheet と真っ先に関連付け、次のように述べました。「もし明日 Smartsheet が消えてしまえば、私たちは大きな危機に瀕することになるでしょう」

Wine Australia はさまざまな成果を創出しましたが、なかでも Beales 氏は、Smartsheet を活用したことで、わずか 12 週間で CONNECT を構築し、オーストラリアのワイン醸造会社と世界市場の橋渡しをできたことをたいへん評価しています。「Smartsheet なしでは成し遂げることはできなかったでしょう。 当社が必要とした充実度を考えると、本当に誇りに思います」

始める準備はできましたか?

始める準備はできましたか?