Smartsheet の取締役会

ジェフリー・バーカー (Geoffrey Barker)、会長

ジェフリー・バーカーは起業家および投資家で、Smartsheet に加えて ZipWhip、SpecialX、Light Motion、Vimly Inc.、Tell Friends, Inc. でも取締役を務めています。 以前は、特許リスク管理ソリューションを提供する RPX Corporation (NASDAQ: RPXC) にて、最高執行責任者 (COO) 兼共同創設者を務めていました。 また RPX 以外に、 The Cobalt Group (ADP により 4 億米ドルで買収) と Vigilos Inc. も共同創設しました。

金融サービス業界でキャリアをスタートさせた彼は、Kidder Peabody (キダー・ピーボディ)、Piper Jaffray (パイパー・ジャフレー)、Salomon Brothers (ソロモン・ブラザーズ) といった大手企業にてトレーダー兼投資銀行家として働いた経験を持っています。 また 2015 年には、米イェール大学経営大学院のエグゼクティブ フェローを務めました。 ジェフリーは、米国タフツ大学で商業学の学士号を取得した後、コロンビア大学で経営学修士 (MBA) を取得しました。

ブレント・フライ (Brent Frei)、取締役

ブレント・フライは、Smartsheet の共同創設者です。同社を共同創設する以前は、世界中の顧客関係管理 (CRM) ベンダーの中でも常にトップ 5 にランクインする CRM ソフトウェア会社の Onyx Software Corporation (オニックス・ソフトウェア) にて、CEO 兼共同創設者を務めていました。 Onyx で CEO を務めた 10 年の間に、ブレントは 6 億米ドルの直接的収益の創出を指揮しました。

2001 年には、米国 Smithsonian Institute より「テクノロジーのパイオニア」として認められただけでなく、ダートマス大学セイヤー工科大学院の特別功労賞として Fletcher Award を受賞しました。 ブレントはまた、Intellectual Ventures (インテレクチュアル・ベンチャーズ)、Microsoft (マイクロソフト)、Motorola (モトローラ) での職務経験もあります。 活発なスポーツマン、そして 5 人の父親でもあるブレントが、座っている姿を見ることは滅多にありません。 仕事中でさえ、スタンディング デスクを使用しているくらいです。

エレナ・ゴメス (Elena Gomez)、取締役

エレナ・ゴメスは、Zendesk の最高財務責任者 (CFO) です。 2016 年 5 月に Zendesk へ入社する前は、Salesforce (セールスフォース) の Go-To-Market 組織に対する財務 & 戦略チームを統率していました。 Salesforce における 6 年間で、彼女は世界レベルの経理業務の構築に貢献し、高級市場に参入する会社の急成長をサポートしました。

Visa (ビザ) や Charles Schwab (チャールズ・シュワブ) を含むフォーチュン 500 社にて 20 年もの財務キャリアを積んでいるエレナは、戦略的なファイナンシャル リーダーシップと才能で業績を築きました。 彼女はまた、キャリア探索と自己発見の機会を提供することにより中学生たちの将来の可能性を広げることを目的としている非営利団体 Spark の全国委員会にてメンバーを務めています。 エレナは、米国カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネスで学士号を取得しています。

マイク・グレゴワール (Mike Gregoire)、ディレクター

マイク・グレゴワールは、2019 年 1 月に設立された投資会社 Brighton Park Capital の設立パートナーです。 それ以前は CA Technologies の CEO を務め、革新的な製品、ブランドの刷新、市場での存在感の強化により、同社のソフトウェア リーダーシップを加速させました。 さらにその前は、Taleo Corporation の会長兼 CEO、PeopleSoft のエグゼクティブ バイス プレジデント、Electronic Data Systems EDS のエグゼクティブ ディレクターを歴任しました。

ソフトウェアとテクノロジーの分野で 25 年以上にわたるキャリアを持つマイクは、業界の戦略的思考家として広く認められています。 また、世界経済フォーラムの IT Governors Steering Committee (IT ガバナーズ ステアリング コミッティ) の議長であり、ビジネス ラウンドテーブルの Information and Technology Committee (情報技術委員会) のメンバーでもありました。 マイクは現在、アメリカのイノベーションと経済競争力に不可欠な政策問題においてテクノロジー業界を代表する CEO の組織である TechNet のエグゼクティブ カウンシルのメンバーを務めています。 彼はまた、すべての女子がスポーツにアクセスできるようにすることでリーダーを育成することに注力している、Women’s Sports Foundation (女子スポーツ財団) の理事会のメンバーでもあります。

カナダのオンタリオにあるウィルフリッド・ローリエ大学で物理学とコンピューティングの理学士号を取得し、カリフォルニア・コースト大学で MBA を取得しています。

マーク・メーダー (Mark Mader)、取締役

急成長している SaaS (Software-as-a-Service) 企業のイノベーションを推進するエグゼクティブ リーダーシップで 20 年以上の経験を有するマークは、テクノロジー業界のリーダーとして認められています。 彼はまた、太平洋岸北西部のテクノロジー部門における Ernst & Young Entrepreneur of the Year (EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー) や GeekWire の CEO of the Year (CEO・オブ・ザ・イヤー) に選ばれた経営者です。 彼の優れた指導の下、Smartsheet は Puget Sound Business Journal の「Washington’s Best Workplace (ワシントン州で働きがいのある会社)」や GeekWire の「Seattle’s Next Tech Titan (シアトルの次なるテック巨人)」に選ばれました。

マークは起業家精神と技術革新を体現すべく、CNBC や Entrepreneur といった報道各社へ寄稿したり、Startup GRIND、YPO Innovation Week、NYSE Tech Leadership Summit を含む多くのイベントにおいて特別講演者も務めています。 また、ビジネス情報検索エンジンの ZoomInfo や、全米トップクラスの情報科学プログラムを提供する米国ワシントン大学インフォメーション スクールの役員として在職しているほか、ニューヨーク証券取引所の Listed Companies Advisory Board (LCAB) のメンバーも務めています。

ドイツと米国の 2 国籍を持つ彼は、仕事と生活の多くの時間を海外で過ごしており、そのグローバルな視点を Smartsheet の製品とサービスに適用しています。 ダートマス大学で地理学の学士号を取得しています。

マット・マキルウェイン (Matt McIlwain)、取締役

マット・マキルウェインは Madrona Venture Group の常務取締役を務めており、ソフトウェアやデータ関連のさまざまな企業に注力しています。 Smartsheet 以外に、ExtraHop、Skytap、Qumulo、Igneous、Amperity など、複数の取締役会のメンバーでもあります。 以前は、Isilon Systems (EMC に買収された ISLN)、iConclude (Opsware/HPE が買収)、Farecast (Microsoft が買収)、Turi/Dato (Apple が買収)、Tier3 (CenturyLink が買収)、World Wide Packets (Ciena が買収)、Placed (Snap が買収)、Apptio (Vista Equity Partners が買収) などの取締役会のメンバーを務めました。 彼はまた、Fred Hutchinson Cancer Research Center (フレッド・ハッチンソン癌研究センター) の副会長と、Washington Policy Center (ワシントン公共政策センター) の取締役会メンバーも務めています。

2000 年に Madrona Venture Group へ加わる前は、Genuine Parts Company (NYSE: GPC) でビジネス プロセス担当バイス プレジデントを務めていました。 その他にも、McKinsey & Company (マッキンゼー・アンド・カンパニー) でテクノロジーや金融サービス業界における戦略とマーケティングを専門とする仕事をしたり、Credit Suisse (クレディ・スイス) の投資銀行部門で働いたりした経験があります。 マットは米国ダートマス大学の卒業生で、ハーバード・ビジネス・スクールの経営学修士 (MBA) とハーバード・ケネディスクールの公共政策学修士 (MPP) を取得しています。

ローワン・トロロープ (Rowan Trollope)、取締役

ローワン・トロロープは、エンタープライズ向けクラウド コンタクト センター ソフトウェアを提供している Five9 の CEO です。 ローワンは、デジタル革命が私たちのコミュニケーション方法にどのような革新をもたらすか、特に、企業や組織が顧客の体験をどのようにパーソナライズするかということに情熱を注いでいます。 ローワンはシリコン バレーのリーダーとみなされ、ソフトウェア ソリューションとクラウド イノベーションにおいて深い経験を積んでいます。 Five9 の前は、Cisco (シスコ) の SVP 兼アプリケーション グループのゼネラル マネージャーであり、エグゼクティブ リーダーシップ チームのメンバーでもありました。 ローワンのリーダーシップの下、同社では共同作業テクノロジーのポートフォリオを一新し、製品ラインの単純化と、卓越した製品デザインに対する 20 を超える賞の獲得を成し遂げました。

Cisco 以前に、ローワンは Symantec (シマンテック) のセールス・マーケティング・製品開発のグループ プレジデントを務め、クラウド セキュリティと SMB 市場を担当していました。 そして、同社の SaaS 戦略を開発し成長させ、クラウドベース デリバリーと顧客サポートのモデルを拡大しました。

ジム・ホワイト (Jim White)、取締役

ジム・ホワイトは Sutter Hill Ventures の常務取締役を務めており、エンタープライズとコンシューマーの両市場に注力しています。 Smartsheet 以外に、Eversight、Markov Corporation、Vlocity.com の取締役会のメンバーでもあります。 彼のこれまでの投資先には、Bix.com (Yahoo により買収)、Data Domain (IPO: DDUP、その後 EMC により買収)、Farecast (Microsoft により買収)、Glassdoor (Recruit Holdings により買収)、Infinera (IPO: INFN)、Inquira (Oracle により買収)、および Shutterfly (IPO: SFLY) が含まれます。

ジムは Macromedia (マクロメディア) にて、マーケティング担当バイス プレジデントや、インタラクティブ ラーニング部門 (後に IBM Software Group に売却) の統括マネージャーを務めた経験があります。 Macromedia の前職としては、Silicon Graphics (シリコングラフィックス、後に SGI に名称変更) のマーケティング担当バイス プレジデントを務めていました。 彼のキャリアのスタートは、Hewlett-Packard (ヒューレット・パッカード) の PC 部門でした。 ジムは、米国ノースウェスタン大学でインダストリアル エンジニアリング学の学士号を取得した後、ハーバード大学で経営学修士 (MBA) を取得しました。

マグダレーナ・イェシル (Magdalena Yesil)、取締役

マグダレーナ・イェシルは、米国シリコン バレーの起業家および投資家です。 彼女は現在、SmartSheet に加え、Zuora (NYSE: ZUO)、SoFi、Informed の取締役会のメンバーも務めています。 マグダレーナは 30 社以上の初期投資家であり、Salesforce (セールスフォース) では取締役会の創設メンバーおよび初の投資家として、創業から新規株式公開後まで役員を務めました。 彼女はまた、Broadway Angels の創設者でもあります。 最近では、ベンチャー キャピタル企業の U.S. Venture Partners (USVP: USベンチャー・パートナーズ) にてジェネラル パートナーを 8 年間務め、広範なテクノロジー スタートアップに投資を行いました。

投資キャリアを築く前のマグダレーナは、 UUNET (エンタープライズ レベルのインターネット アクセス会社で、株式公開済み)、CyberCash (セキュア電子決済システムのパイオニアで、株式公開済み)、および MarketPay (埋め込み支払いソフトウェア会社) の 3 事業を成功させた連続起業家でした。 これらの実績により、彼女は『Red Herring Magazine (レッドヘリング・マガジン)』による Entrepreneur of the Year (アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー) に選ばれました。 マグダレーナは、米国スタンフォード大学でインダストリアル エンジニアリング学と経営科学・工学の学士号および電気工学の修士号を取得しています。