カスタマー エクスペリエンスの管理

カスタマー エクスペリエンスの管理

プロセスを調整して実行し、より良いオンボーディングをすばやく低コストで実現。

ソリューションの注目ポイント: 顧客導入サービスの管理

セールス担当者、コンサルタント、カスタマーにコネクテッド エクスペリエンスを提供し、顧客満足度を向上。

透明性でオンボーディング プロジェクト承認を優先付け Salesforce との連携から、サービス要求管理の自動化、プロジェクト承認ワークフローの作成まで、すべて IT のヘルプなしに実行。

顧客の要件を満たすようにプロセスを適合 製品/活動ごとにベスト プラクティスを文書化し、顧客の優先度の変更に伴ってプロジェクトの設定やレポートのカスタマイズを動的に実行。

顧客とチームに可視性を提供 ダッシュボードやレポートを簡単に作成して、内部関係者と顧客の両方にオンボーディング プログラムのステータスを提供し、意思決定をすばやく正確に実行。

「私は Salesforce と Oracle E-Business Suite (EBS) を監督しているのですが、Smartsheet を使用すればすべてのシステムをつなぐことができると知って、興味が高まりました。これを改善しただけでも、ビジネスに与えるインパクトは多大なものとなりました。以前は、Salesforce から取得したデータを手作業で組み合わせて各種レポートを作成するのに、毎週何時間も人手による労力を費やしていたのですから。」
Adam Kitzis、eResearchTechnology, Inc. (ERT)、ビジネス システムズ ディレクター - 2017 年 7 月 17 日のウェビナーにて
Shaw ロゴ

カスタマーにとっての共通課題:

プロジェクト遅延を削減し、顧客満足度を向上したい

オンボーディング プロジェクトにおける遅れの発生

顧客オンボーディング プロジェクトの 70% で遅延と予算超過が発生している。*

遅延が原因で引き起こされる予算超過

遅延によるコストの 90% はサービス プロバイダーが負担している。*

オンボーディング プログラムにおける可視性の低さ

顧客の進捗状況や優先課題を判断するのが困難である。

スコープ変更で脱線するプロジェクト

変更リクエストの影響を顧客が理解していないと、プロジェクトが危うくなる。

社内業務を合理化して効率的にスケールする方法

顧客オンボーディング プロジェクトにおける遅れと関連コストを大幅に削減。

Salesforce と接続

顧客やプロジェクトのデータを Salesforce から自動収集。

検証、評価、承認

プロジェクトを開始する前にデータ追加、検証、調査、解明、審査、承認を実行。

一貫した遂行

必要なコンポーネントがすべて含まれたプロジェクトをシステム的に生成。

カスタマー コラボレーションの管理

顧客オンボーディング プログラムのステータスをリアルタイムに視覚化して、ステータス ミーティングや電子メールでのやりとりを大幅に削減。

クライアント向けレポート作成・送信の自動化

通知やレポートを自動的に作成して定期的に送信し、関係者全員に最新情報を提供。

ポートフォリオ サマリーやインサイトの表示

ダッシュボードやレポートにプログラムのパフォーマンスをタイムリーに表示して、洞察力を提供。

継続的な進化

グローバルな更新で、継続的な変更管理を簡素化。